おおたくでぷるあっぷ

筋トレしてる人が好きなゲイおやじです

オフ会楽しい!・・・けど

このブログを書き始めてから三年経ったらしい、そんな通知が事務局から届いていた。
最近はツイッターにうつつを抜かし、
ほとんど記事をアップしていないが、
それでも毎日それなりの数の閲覧者がいる事を思うと、ほんと申し訳ない。
このブログで書いてきた記事は内容スカスカだったから、
代わりにツイッターでつぶやいたとしてもほんの数行で事足りてしまう。
ブログもツイッターも両方マメにアップするなんて器用な事出来ない俺だからツイッターでしか呟かなかった。

でも今後しばらく、くだらない記事でもブログに書いていこうかと思う。
(なんで、ツイッターはほとんど閲覧のみ、たまに呟くかな)

昨夜は既婚Gを中心とするオフ会があった。
以前はこのオフ会、一般の居酒屋の個室を利用していたけど、最近はGのお店を貸し切りにしている。
この方が断然リラックス感が違うね。
無茶苦茶楽しい!
みんな男好き、ち◯こ好きの殿方だから、変な探り合いが必要ない、ストレートに聞きたい事聞けるし、気を使う必要が無い。
(これは俺だけ?ww)
このとても居心地良いオフ会だけど、
自分が楽しければそれでいいかと言えばそうでもなく、皆んな楽しんでるかなぁと気になってしまうのです。
昨夜も初めて参加する人も数人いて、
ちょっと緊張してた感はあったけども、
特に雰囲気堅い人がいたのよ。
上手く馴染めるといいなぁと思っていたけど、
よく分からないうちに帰ってしまった。
彼が帰った理由は分からないけど。

子供が小学生の頃、
ある球技のチームを作って俺が一応代表で活動してた。
最初の頃は、大会に参加しても全く勝てないレベルだったけども、コツコツ練習して段々と勝てる様になり、子供達も楽しんで活動してた。
練習では技術の習得ややりたい事色々あったが、
俺が練習していて一番大切だと思っていたのは子供達が練習終えた時に、
「あ〜楽しかった!また、練習したい!」
と感じられるかどうかだった。
次の練習日を心待ちに出来たらその練習は大成功だと思った。

オフ会も同じように、
またコイツらで一緒に呑みたい!って思えたら大成功よね^ ^
全員が満足出来るのはなかなか困難かもしれない。
昨日早く帰ってしまった彼は、次も参加したいと思ってくれてたのかなぁと、ふと感じてしまった夜でした。