オオマイ日記

褌呑みが好きなゲイ親父、男好きな人にだけ読んでほしい

別れと出逢いと

一昨日は寂しさと嬉しさと色々感じた日だった。
寂しさは、お別れ。
仕事先で一緒に働いていた他の会社のドライバーが挨拶に来た、
「お世話になりました」
一人は20代の若手の子、転職の為辞めるらしい。
もう一人はもうすぐ70の高齢ドライバー、
この職業からの引退を決めたらしい。
昔堅気のプロドライバーで
誰よりも早く現場に来て準備している人だった。
黙々と仕事をこなす
そんな彼の仕事ぶりを俺は大好きだった。
「身体に気をつけて!」
互いに声かけ合って別れました。
お気に入りの人がだんだん少なくなっていくのが切ない。

しかし嬉しい出逢いも!
久しぶりの居酒屋飲みした帰りに立ち寄った銭湯、
最近sns で噂が広がり、
いわゆるお仲間さんが増えてきてしまった。
この日もそんな雰囲気の人多かった気がする。
俺はその気は無いから顔見るでもなく
ひたすらリラックスしていた。
入浴終え着替え始めた時に一人のマッチョな男子に声掛けられる。
「すみません、昔バレーしてた○○さんではありませんか?」
確かにバレーしてたし俺の名前呼ぶなんて、
怪訝な顔して彼の顔を眺めていたら、

「あっ!もしかして○○くん?」
「そうです!」

感動の再会、
昔Gバレーチームで一緒に練習していたのが彼だった。
四半世紀?
いや30年振りか!
とにかく懐かしい、
一生また会えると思わなかったので、
奇跡としか言いようがない。
その時の時間が23時半頃、
開けてるお店なんて無いだろうから、
近くの公園で語り合う事にした。
二人とも話しが止まらない、
バレーそのものの事、
その後のお互いの人生と近況・・・
嬉しいそして悲しいエピソードの数々、
チームセッターの子が若くしてガンで亡くなってたり、
Gの子が結婚してたり、
ノンケの子が彼の手ほどきでGになり、
そして今は医者になって頑張っているとか。
当時医大を目指してる予備校生の子だったんだよね。

そしてお互いの恋愛遍歴も、
彼は32年間付き合ってる相方がいて一緒に住んでる。
死んで生まれ変わったとしても、
この相方さんと出逢いたいらしい。
それくらいの素敵な関係を続けていた。
でも“遊び”は別らしく
色々なアバンチュールはしてた。
俺も活動を3年前に始めた事や、
最近の傷心した出来事を話した。
自分を責める様に発した言葉を聞いて、

「恋するって素敵じゃないですか!
止めようと思っても止められないのが恋ですよ、
そんな○○さんでいてくれて俺は嬉しいです😊」

涙出た。

3時間くらい公園でひたすら話し続け
もうすぐ日の出になりそうな時間に別れた。
現在もバレーを続けている彼にバレー練習の誘いも受け、
♨️好きの彼との銭湯巡りも約束。
そして昔懐かしいチームメンバーとの再会も設定してくれるらしい。

止まってた時計が一気に動き始めた気がした。

人生でやり残した事

それは、

「蹴上がり」

(笑)

鉄棒の技の一つで、
バーを握って前方に身体を伸ばし
戻る反動で上体をバーの上で起こす
逆上がりとは違って回転しない。
これは高校の体育授業の必須種目だったと思うが
俺は出来なかった。
そう
人生で一度も出来た試しが無い。
当時の体育先生は
ひたすらタイミングが重要だ!
タイミング、タイミング!
しか言ってなかった様な。
指導するメソッドも乏しかったんだろうね。
でも今の時代は便利なもので
YouTubeで蹴上がりを検索すれば
あるわあるわ沢山の動画がアップされていて
暇さえ有ればそれらの動画を見ている。

イメージはついた
こうすれば出来るとのプロセスも分かった
俺の習得へのステップとしては
まず足掛けあがりをマスター。
足掛けあがりというのは
片方の脚の膝裏でバーを挟み
反動でバーの上に上体起こす技
蹴上がりと似た身体の軌道になる。
それと
空中前周り。
お腹にバーを押しつけたまま
前方へ一回転する。
これら二つの技をマスターすれば
蹴上がりも現実に出来る❗️

のでは?

実際やってみた。
丁度練習に良い公園を近所に発見したから
早朝チャレンジ。
足掛けあがりは
昔は出来たので出来ると思ったが〜
まったく出来ず。
空中前周りは
ハナから出来るとは思えなかったので
タオルを腰に回し
両端を手で掴んで回るっていう
一人サポートの方法でやってみた。

一回は出来た
二回目
バリッとタオルが裂けた
f:id:kensuiohtaku:20200429085721j:plain
エニタイムフィットネスでもらったタオルが〜
タオルがこんな形で裂けるなんて初体験
要するに自らでは何も身体を保持出来て無い証拠。

こうやれば蹴上がり出来るんじゃね⁈
ってイメージがガラガラと崩れてゆく(T . T)

それと普通の公園だから
一般の人もいるわけ
「あのオッサン何やってるのかしらね?」
とは思われてもいいが
出来ない姿をひたすら見せるのは
恥ずかしくないわけがない。

そんな技術体力の壁と
精神的な葛藤を乗り越えないと
人生でやり残した事は実現にならないとの現実に直面した朝だった。

おおたくでぷるあっぷ

これが元々のブログタイトルなんだけど
こっちの方が良かった・・・と言う
極々少数のご意見もありまして
それだけ思い入れ持ってこんな拙いブログを読んでくれてるのを感謝すると共に
なかなか新記事書けて無いこと申し訳なく思っている。

この1ヶ月間でやろうとした事に
逆上がりの完成があって
それは出来るようになった。
でも
調子に乗ってトレーニングしてたら
右肘を痛めてしまい
しばし中断。
自重下半身トレの一つ
ブルガリアンスクワットも調子こいてやってたら
今度は右膝に痛みが。
時間あるとオーバーワークになりやすい
気をつけないといけません。

今の状況
もしかしてて俺も感染してるかもって思う事はしょっちゅう
この新コロなんか発生する前から
喉と胸の息苦しさが消えず
大学病院で検査を繰り返しながら
経過観察しているけど
この息苦しさってもしや?
なんて考えたり
いや大丈夫だと思ったり
両方の感情がぐちゃぐちゃになってる。
そう言えばこの病院の職員にも感染者が出たと聞いた
気付いて無いだけでもう結構蔓延してるんだろうとは思う。
隣りの旦那も急にびびってしまい
マスク二枚重ねにし始めた。
自粛の時はマスクもせず
全く気にして無かったのに。

時間はあるので暇さえ有れば筋トレ動画とエロ動画みてるけど
筋トレメニューって基本は誰もが知ってるやり方に落ち着くんだと思う。
今一番取り入れてるのが
「腕立て伏せ」
手幅や視線
姿勢などをしっかり気をつけてやる。
単なる身体の上下運動ではない
どこの筋肉を使っているのかを意識しながら
しっかり効かせる。
この運動とても奥が深い。

オーバーワークせず筋トレで自己免疫力上げる事が
今の俺に出来る事です。

一か月後

緊急事態宣言のあった翌日、
都内はさすがに静かだった。
ビルが丸々1棟閉鎖されている所もあり、
今までの自粛要請とは明らかに受け止め方が変わってた。

今日の仕事は昼前に終了。
正直な感想、
「1か月後まで俺の今担当してる仕事は保たない」
多分減車されるであろうね(運送業の俺なんで)。

俺の会社自体が無くなる事はないと願うけど。

新コロナの情報を流してるテレビを見続けてたら、
頭おかしくなりそうだと思うよ。
そこに救いも出口も希望も無いわけだから。
だから希望は自ら見つけポジティブな気持ちにならなければと思う。

この与えられた1か月で何が出来るか。
1か月後にどれほど成長した自分ていられるか。

俺が考えてる事は、
ひたすら読書
筋トレ
公園で逆上がりを完成し、
マッスルアップにまで繋げる。
あと公園で日焼けかな、
4月下旬からは紫外線の量が格段に増える。
紫外線で殺菌したい。

新コロナの情報をいくら聞いてもやる事はいっしょ、
うつらない意識よりうつさない意識になる。
こまめな手洗い。
ノーマスクでの至近距離での会話はしない。
帰宅したら直ぐにシャワーを浴びて、
自宅に菌を持ち込まない。
車の運転中は窓開ける、
同乗者がいれば尚更。
他にもたくさんあるけど、
それらを粛々と実行するしかない。

それとネガティブな報道とか、
悲観的な臆測の情報は目にしないことかね。

一人一人の意識でまだまだ未来は変えられるから。

デザインって大事

住めば都で1kアパートでもデザイナーズマンションでも一軒家でもどこでも一緒じゃねーの、
そんな気をてらったデザイン必要あるかい?
って建築を勉強してる息子の建築模型眺めながら思う俺だけど、
デザインって重要だなぁって思う事があった。

安倍総理が配布を発表したあのマスク、
その声明を出した時に着用してたのが配布されるであろうマスクだと思ったが。
俺はアンチ安倍ではありません。
一応この日本国の首相でありますし、
そのトップでのご苦労は我々が想像する事が出来ない物だと思うし、
何より安倍さんは褒められると育つ方だと思うのよ、
ディスる事より応援してこの国を引っ張って行って欲しいとは思う、最近呆れる事多いが(^_^;)
しかしね〜あのマスク、
昔よく見かけたあのガーゼマスクだよね。
キオスクで売ってた
学校の購買でも売ってた
駄菓子屋さんでも売ってた
あれだ〜って瞬時に思った。
アレが配布されてどれほどの人が着用するんだろう。

何の変哲もない白マスクのあれ、
もしデザイン的にカッチョいい物だったらどうだったろう。
白ではなく藍色のマスクとか、
東京オリンピックのロゴみたいな市松模様の柄のマスクとか、
安倍さんが着用していて、
「なに?あのマスク」
って興味持たれたら賛否分かれるであろうが、
配布される国民の関心は高まったっ思う。

早急な対応であり、
マスクのデザインなんちゃらなんて協議する時間も無かったのかもしれない、
でも予算200億と言われている今回のマスク配布、
そんな仕掛けがあればこんなに笑い物にはならなかったのではと思うわ。
f:id:kensuiohtaku:20200403225835j:plain
見た目は大事

貨物エレベーター情景

大体10階以上の建屋には乗用エレベーターの他に貨物エレベーターがある。
貨物エレベーターは運送業者や工事設備担当の関係者、
飲食店のスタッフが利用し、
非常時には救急隊がこのエレベーターを使用する。
なのでマナーというか常識としてこのエレベーターには建屋テナントの人は乗らない。
ちゃんと彼らの為に何基もエレベーターが用意されているのだから。

だけどね〜
のこのこ乗り込んで来る奴がいるのよ。
乗用エレベーターよりこの貨物エレベーターの方が近くて利用しやすいとか、
40階以上の高層建屋だと途中乗り換えが必要だけど、
貨物エレベーターだと乗り換え無しに目的階に行けるとか、
利用したくなる気持ちは分からなくもない。

そんな怠惰な人達、見た目似た様な人が多い。
それは、

デブ

あら、いけない。
太った人達ね(^^)
そんな太っちょ達に乗り込まれとスペースが無くなり乗れるはずの人が乗れなくなって大迷惑。

とある高層ビルディング、
大抵顔ぶれは決まっているんだけど、
一人渋くて着こなしもバッチリの俺と同じくらいの年代、
そしてマスクはこんな感じ
f:id:kensuiohtaku:20200403203751j:plain
山崎努さんをもっと甘くした誰がみてもイケてる紳士も乗るの。
まぁ、マナー違反してる時点で紳士でもなんでもないんだけどね。
彼が乗り込んでると舌打ちしたくなる衝動をグッと抑えてる俺だった。
エレベーター内での山崎さん、
いつもスマホを見ながらチマチマやってる。
その画面にふと目を移すと、
そこには女の子の画像ばかり。
なんだろね〜風俗嬢かしら、
分からないけどその案内か掲示板みたいな物だった。
そして、その山崎さんのスラックスの股間に目を移すと、
あらまぁ、
モッコリしてるじゃありませんか!
見るからにやってそうな雰囲気ありありの山崎さんだけど、
朝からモッコリなんてお盛んな事ですわ。

その情景を目にして以来、
貨物エレベーターに乗りながら、

「きょうも山崎さん乗らないかなぁ」

って期待してる最近の俺でございます。

希望のラジオ、絶望のテレビ

絶望は、言い過ぎか😅

息子が帰って来てから
俺はテレビを置いていない部屋へ戻り、
もっぱらラジオ生活。
新コロ感染者拡大による都知事の週末活動やら
移動自粛の要請があった夜から、
既にスーパーでの食料品買い占めの動きは始まっていたんだろうね。
俺もその動きを感じて、
家族には必要な物は早めに買っておきな〜
なんて言ってた。
案の定、
翌日のスーパーには長蛇の列。
 テレビのワイドショー番組は観られないし観ないけど、
多分こんな番組編成ではなかったのかな。

"皆さんご覧下さい、開店前なのにすでにこんなに買い物客が並んでます!"
"スーパーの陳列棚は、すでに空っぽです!商品がありません!"

そして最後の方に、
「スーパーでの商品補充は、通常通り行われます。
落ち着いた行動を心がけてください。」
と、一応お願いする。

空っぽの棚を茶の間で見せられたら焦るよね、
早く買いに行かないと
もう手に入らないんじゃ無いかとの不安感と焦燥感しか残らない。
そうやって視聴者をミスリードして視聴率をあげたいのか。

一方ラジオ。
そういった情報は流れるけど、そこまで強烈な印象は残らない、
客観的な報道として捉えられる。
それとアナウンサーの声が前向きといいますか、
テレビより明るい声の人が多いと思う。
内容も暗いものよりも、
今の状況を何とか踏み留まって頑張りましょう!って感じ。
テレビの悪戯に不安感を煽る様な事はしてない。
そしてラジオの一番良いところは、ながら聴取できる点。
家事をしながら、
本を読みながら、
俺の場合は運転しながら、
それらの妨げになる事はない。
f:id:kensuiohtaku:20200329100550j:plain
こんな時こそラジオ