おおたくでぷるあっぷ

鉄棒とプールと銭湯とゲイのおっさん

ケンちゃん・その1

俺の周りには素敵な『ケンちゃん』がいます。
一人目、
今は小学校に「オヤジの会」なるPTAとはちょっと趣きが違う組織があるのは珍しくなく、俺もそのメンバーだった。
ケンちゃんと俺はその会員同士の親父なのだけれど、その出会いは本当に偶然でした。
俺が仕事の訪問先でたまに見かけていたのが彼だったのです。
何故に覚えていたかと言うと、イケメンだから。
甘いイケメンではなく、キリッとした顔立ちで少し浅黒く、でも清潔な感じ。
俺はその会社に訪問するのが楽しみで仕方なかった。

オヤジの会で、とあるイベントを行うとの知らせがあり、多少その分野に精通していた俺は、そのイベントをサポートすることになりました。
顔合わせの日小学校に出向くと、待っていたのはなんと彼だったのです❗

「はじめまして!○○ケンです」

ケンちゃん・・・
やっぱりイケメンだわ~
幸か不幸か俺の事は全く認識しておりませんで、
俺も「はじめまして、ヨロシクお願いします」
となり、数年間一緒に活動する事になったのです。
話していくと俺の一つ下の同年代であり、子の数も一緒、家も近い。
彼はイケメンなだけではなく人柄も素晴らしく、さりげない気遣いが出来る優しさがあり、ママさんだけではなくパパさんからも絶大な支持を受けてました。
同年代でこんな素敵な人いたんだな~と感激。
今でもLINEしたり、たまにその他大勢の一員で呑んだりしてます。

f:id:kensuiohtaku:20170625064509j:plain

普通の関係も良いものです(笑)

広告を非表示にする