オオマイ日記

褌呑みが好きなゲイ親父、男好きな人にだけ読んでほしい

引っ越し後のご褒美

春一番が吹いた翌日、
絶好の行楽日和。
f:id:kensuiohtaku:20200224054048j:plain
本当はこんな感じでまったりとしたかったけど、
隣りの旦那にお手伝いお願いして息子の引っ越しをした。
大学も最終学年で頻繁に通学することも無いとかで、自宅から再度通う事にしたとか。

また別宅に息子と住む事になるわけだが、
それは俺の独身風生活の終焉も意味する。
あんな事もそ~んな事もしたかったけど、
あんまり出来なかったかな😅
ただ、大切なG友に一晩だけ泊まってもらえたのは良い思い出。

荷物は2トンショートトラック一台分。
単身者だからそんなものなのか、単身者でもこんなにあるのかは感じ方が違うが、
工学系の学部だからそれに関する道具が多い。
午前中に積み込み終えて、
昼過ぎには自宅に搬入開始。
さすがに多いわ~
「街」も引っ越ししたのだから狭くなるわけだが。
f:id:kensuiohtaku:20200224055737j:plain

もうヘトヘト💦
こんな単身者引っ越しでも業者に依頼すれば10万前後はかかるから、10万の稼ぎをしたと自分を納得させる。
もちろん隣の旦那への心付けと寿司ランチ、
それに熱い抱擁はしましたけど(笑)

搬入後は何もする気が起こらず、
夜の仕事までしばし休息。
そして夜の仕事を終えてからの銭湯で、
予期せぬ出会いが待っていた!

俺が入ったとたん、今まさに風呂から上がろうとしていた俺のお気に入りの若パパと遭遇、
「オオマイさん!」
彼としばしマッパで勃ち話し、いや立ち話。
子供達3人と来てるとか。
ガラス越しの脱衣所を見ると、
子供達が俺に手を振ってくれてる。
俺が彼をお気に入りなのは、
人柄の素敵さもあるが何つっても
「太くて大きい」から(笑)
勃ち話し最中でも盛んに彼の分身を凝視したかったが、
チラッとしか見られなかったのは残念。

ここの銭湯は二階に飲食スペースがあり、
そこで休んでますね~と、彼と別れる。
俺の入浴後二階に上がると、

「ここだよ!」

って、長男くんが手招きしてくれる。
食卓にはおつまみ各種が並べられていた。
「ラストオーダー近いんで、適当に注文しておきましたから。」
俺が座ると長男くんは直ぐに水を持って来てくれるし、
なんてナイスな若パパ!
なんて可愛い子供達!
子供は親が言った様にでは無く、
親がしている様に育つんだなぁって改めて実感した。

ナイスな家族と一緒に過ごせて、
昼間の疲れもしっかり癒された^_^
f:id:kensuiohtaku:20200224062623j:plain
最高のご褒美よ