おおたくでぷるあっぷ

筋トレしてる人が好きなゲイおやじです

隠すほど見える

新年明けましておめでとうとうございます。

表題の内容に触れる前に、
昨年末からをざっと振り返り。
晦日から元旦は、
地元の八幡神社の除夜祭のお手伝い。
「なおらい」
お開きして自宅に戻ったのは午前3時頃、
有名どころに初詣行くのも良いけど、
まずは地元の神社にお詣りするのは大切だと思う。
俺がこの地に引っ越して四半世紀になる、
子供達には、まさしく故郷がここだから。

昨年までは世田谷区の元旦歩こう会ってイベントに参加してたが、
夕方から仕事がある事も考えて今年はやめた。

ちょっと仮眠した後に朝風呂。
f:id:kensuiohtaku:20190103070141j:plain
帰ると妻が正月料理を用意していた。
例年帰省する妻娘は今年はこっちにとどまってた、娘来年高校受験だから今後はずっとこっちかなぁ。
良いか悪いか・・・だね。

2日、俺の誕生日^_^55よ。
この日は決まって隣の旦那夫婦と平和島駅付近で箱根駅伝の応援。
今年は趣向少し変えて、
ひとまずコーヒーで一服。
f:id:kensuiohtaku:20190103071636j:plain
そして応援へ、
f:id:kensuiohtaku:20190103071754j:plain
息子が通ってる学校も出場してたけど、
そんなに思い入れが起こらないのは大学だからかなぁ
これが中学や高校なら熱心に応援しただろうに。
この日は夜の仕事が無い、
褌バーで遅くまで呑んだくれるつもりだった。
しかし妻娘は家に居るから、サプライズで誕生日会なんて用意されてたらどうしようかとも思った。

予定変更、
上野のサウナに行って、
帰りに軽く呑んで早めに帰る事に。

呑んだお店はここ
f:id:kensuiohtaku:20190103072707j:plain
では、タイトルの内容ね。
俺のゲイバーデビューは、
地元の全裸バーだった。
そこで知り合った人に褌バーを教えてもらい、
ほとんどが裸見せるバーで飲んでたのよ。
呑みながらハプニング的なエロも楽しめるみたいな。
しかし最近は、
そんなに頻繁に行く事も無く、
行ったとしてもガツガツと他のお客さんを弄る事も無くなった。
エロの刺激って視覚から入る物が大きいから、
裸を見た瞬間に好き嫌いが自分の中に出てきちゃう。
タイプかタイプでないか。
俺の場合は、自堕落な不健康そうなデブはダメ。
でも服着てる場合は、
そんな視覚のハードルが無いから、
いきなり会話を通して人柄に触れたり、
内面が露わになる過程が楽しい。
昨日俺が座ったカウンターの左手の子は40代の方で、
もし裸だったとしたらあまり俺とは接点が無いようなタイプ。
でも会話すると楽しかったし、
俺が既婚者で子持ちなことや、
長い間封印(ゲイ活動を)してきた事なんか話しながら、
「よく頑張って来ましたね〜」
なんて嬉しい事言ってくれたりして、
いい気分になっちゃった俺ww

彼が帰った後少ししてから、
右隣の人が声かけてきた。

男「何軒目なの?」

彼の目は座ってて、
かなり酔いが回ってそう。

男「何ノンケぶってんだよ。
お前Mだろう俺が解放してやるよ」

みたいな事言い出して、
服の上から俺の乳首摘まんでくるし、
パンツに手を突っ込んで、
俺の尻穴触ろうとしてくるし、
酔っぱらいのおふざけだとは思ってあしらっていた。

俺「俺、結婚してるんですよ」
男「俺もだよ!」
「なにダセー事言ってんだよ」

酔っぱらいに俺の半生を語ってもそれこそダサいので、
俺はゲイ界にデビューしたばかりの初心者、
って彼の思い込みのままにしておく事にした。

"ノンケぶる"

ゲイの人に、
ゲイに見えなーい!って言うと、
一種の褒め言葉にもなるよね。
自分を律している人みたいでww
でも右の男にとっては、
それが、
つまらないダサい事なんだろうね。
俺にとってはこの反応が新鮮で、
そもそもちんポコ出して、
又は褌締めて呑んでる奴は、
ノンケぶるなんて無いわけ、
モロにエロを求めてる姿だから。

「お前を解放してやる!」
って盛んに彼は言ってたけど、
それって意外と図星なんだよね、
俺にとって。

隠したからこそ見えてきた俺の本質。

エロいことしてそれなりに遊んでいるが、
本当に心の底から解放されてんのかい?
って自問しちゃったよね。

こんな出会いもあるのが着衣系のお店なんだなぁと思った。

ただ一つ難点が。
タバコ👌だから、
風呂上がりの身体に匂いが付いちゃった。

今度は風呂前に飲むかww