おおたくでぷるあっぷ

筋トレしてる人が好きなゲイおやじです

やっぱりラジオ

北海道を中心に発生した地震及び台風21号により、被害に遭われた地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
未明に発生した地震
ラジオで一報を聴いたときは、津波の心配が無い事に一応は安堵したけれど、
規模の大きさからして色々と被害が予想された。
朝gymに寄った時は、そんなにニュースの映像は流れてなかったかな。
そもそも時間がなかったので、シャワーだけ浴びて仕事に就いた事もあるけれど。

夕方に再度gymに寄る。
フリーウェイトエリアのモニターには、リアルタイムで被害の状況が写し出されていた。
酷い!
普段テレビ見ないから、トレーニングそっちのけで見入ってしまいました。
一通り被害の様子を写した後、
専門家みたいな人がしゃあしゃあと、
なぜ今回の地震が発生したのか?とか、
地震のメカニズムとは?とか、
話しておる。
俺はいつも思うけど、それを知ったところで一般人には何の役に立つのよ?
結局地震特番の時間を持たせる手段にしか思えない。
そもそも罹災された方々にではなく、何の影響も受けて無い普通の人々の好奇心を満たす為にしか感じられない。
傾いた家や寸断された道路、斜面が剥がれ落ちた山々等の映像は、もう絶望感しかないよ。

しかし日中はラジオで状況を聞いていたが、
これほどの絶望感は感じなかった。
確かにアナウンサーが語られる内容は一緒だけど、何かその環境下でも何とかしようとしている努力と言うか、前向きな気持ちが感じられるのよ。

テレビからは絶望を、
ラジオからは希望を、

みたいな。

それとラジオだと、そっと寄り添ってくれる感じがあるし、最新の状況情報を知らせてくれる。

防災用品は準備しきれてない俺だけど、
ラジオだけはいつも乾電池で聞くようにして、
いつでも持ち出せる様にしてる。
東京にその日は必ずくる、
それが「いつ?」かは分からないが・・・