おおたくでぷるあっぷ

鉄棒とプールと銭湯とゲイのおっさん

前野原温泉 さやの湯処

連休の初日、午後にチェックイン。
ときわ台駅からバスで行ったが、志村坂上駅からひたすら下っていく徒歩ルートもあり、アクセスはそんなに悪くない。
もちろん駐車場完備なので車でもバッチリ。
f:id:kensuiohtaku:20171104170225j:plain
スパ銭湯は、はっきり言ってどこも似たような(古民家風)デザインの建家と内装になってしまっていて、オリジナリティはあまり感じられなくなってしまっているが、ここも正しく正しく!って感じでした。

しかし、洗い場やお風呂、食事処など全てにおいて他より高い基準、十分満足出来ます(^_^)
特に、備品類などが清潔に管理されていて気持ち良かった。
俺はいつもとりあえず露天に半時間位浸かってぼ~っとするのですが、そんなに広くは無いけど窮屈ではない、心地よいスペースでリラックスできました。
ゲイ目線で言うとお風呂に浸かっていた殿方はぱっと見、2,30代半分、40代3割、50代以上2割って感じで、若い男衆が占めてました。
コンパクトな風呂の配置と死角がないので、
『変な事するんじゃね~ぞ!』
的な注意書も見当たらなかった(笑)
健全な雰囲気でしたね。
競パン跡の兄貴や、やたらと黒いムチッとした二人連れもいましたが・・・


ここで俺としては初めての試みをしました。
それは、人前で褌を絞める!って事。
なんじゃそりゃ?
と思われる方は、単純に笑ってやってください((^^)
俺の中での褌をまだ「キワモノ」的な物ととらえていないか⁉
それを払拭しない限り、単にフェチのレベルで留まってしまいそうで、何か褌に失礼な気がしましてね。
で、この瞬間の為に今まで絞める事が無かった白褌を用意し装着しました。
脱衣所のコーナーで、いそいそと褌を絞める俺。
完了!
周りの客は全く俺を気にする様子なし(^_^)
そんなもんですよ(笑)
それだけ自然な俺の所作だったのでしょう。

裸でいたいが露出では無い、
褌をしたいが見せたい訳では無い、
己を心地好くしたいが他人を不快にさせたくは無い・・・
その為には『それ』を自身の一部にしなければならない。


今回はお風呂エリアだけでしたが岩盤浴も良さそうだし、貸切風呂もあるらしい。
色々楽しめそうな充実した施設だと思いました。
食事も良さそうだけど、近くに美味いお蕎麦屋があるんです、そちらに寄ってからですなぁ今度来るのも。