おおたくでぷるあっぷ

鉄棒とプールと銭湯とゲイのおっさん

母の日

今度の日曜か、母の日。
花より団子を断然喜ぶのは身近な母ですが、
やはりプレゼントの定番と言うことで花屋の店頭には色取り取りの花の鉢植えが並ぶ。
王道のカーネーション
ここ数年はアジサイ系の鉢植えも目立つ。

そんな光景を見ていたら、
そう言えば小学生の時に学校で何かもらってたな~と、思い出した。
その何かとは、
造花のカーネーション










と、短冊がついて安全ピンでとめるやつ。
教室でただ配られただけだから、
あまり教育的な指導が含まれた物では無かったのだろう。
あれは何だったのか・・・
何かの募金の見返りの品だったのかな。

俺は子供の頃からこの手のは苦手で、
一度も母親に渡す事なく机にしまいっぱなしにしていた(笑)
そもそも俺の小学生時代は高度成長の最中
頑張れば頑張るほど豊かになるのが子供の俺にも目に見えて分かった時代、
みんな遊ぶ事なく良く働いてた。
母の日なんてイベントの準備もなく、

「そう言えば今日は母の日じゃない?」

なんてのがいつもだった。

母親が年老いてから入退院を繰り返すようになったとき、
病床での口癖は、
「あの時頑張りすぎた」と、
俺が小学生の頃をよく思い出していた。

母親が亡くなって5年か。
あの造花のカーネーション渡していたら、
喜んでくれたかな・・・